お金の寺子屋

現役のFP資格講師(CFP6科目同時合格者)が運営する、
FP試験の独学者を応援するサイトです。

FP3級実技(個人)解説-2018年9月・問1~9

【問1】

正解: (3点)
1. 正しい記述です。
2. る医療費の一部負担金の割合は、3割です。
3. 傷病手当金は、最長1年6ヵ月支給されます。
【問2】

正解: (4点)
遺族厚生年金の額は、老齢厚生年金の報酬比例部分の額の4分の3相当額です。
遺族厚生年金の計算上、被保険者期間は300ヵ月が最低保証されます。
遺族基礎年金は、子または子のある配偶者に支給されます。年金法上の子とは、基本的に、18歳到達年度の末日を経過していない子を指します。
【問3】

正解: (3点)
遺族基礎年金の額=老齢基礎年金の満額+子の加算です。
子の加算額は、2人目までは1人当たり224,300円で、3人目以降は1人当たり74,800円です。

【問4】

正解: (4点)
1. 正しい記述です。
2. つみたてNISAの非課税期間は、最長20年間です。
3. 正しい記述です。
【問5】

正解: (3点)
1. 正しい記述です。
2. ROEは、自己資本に対する当期純利益の割合です。
3. 配当性向の説明です。
【問6】

正解: (3点)
1. 株式の受け渡しは、約定日から起算して4営業日後です。
2. 正しい記述です。
3. 正しい記述です。

【問7】

正解: (3点)
事業所得の計算上控除する事が出来る青色申告特別控除は、最大65万円です。
所得税の計算上、青色申告者は、純損失を最大3年間繰越控除する事が出来ます。
青色申告者は低価法を選択して(期末商品棚卸高の評価額を下げて売上原価を増やして)、所得の金額を低くすることができます。
【問8】

正解: (3点)
1. 青色事業専従者は、扶養控除の対象にはなりません。
2. 正しい記述です。65歳未満の人に対する公的年金等控除額は、最大70万円です。
3. 正しい記述です。
【問9】

正解: (4点)
事業所得の金額が350万円、
老齢厚生年金に係る雑所得は、収入が所得控除の額を下回る為、0円、
不動産所得のマイナスは、土地取得の為の借入金の利子を除く90万円が損益通算の対象になります。
よって、総所得金額は、260万円になります。
ホーム 進む>

スポンサーリンク




スポンサーリンク




スポンサーリンク



LINEで送る
Pocket

コメントは受け付けていません。