お金の寺子屋

現役のFP資格講師(CFP6科目同時合格者)が運営する、
FP試験の独学者を応援するサイトです。

【FP3級無料講座】相続税の基礎

論点解説
【重要度】★★★☆☆
相続税の納付期限と、金銭で一括納付できない場合の取り扱いを押さえてください。
相続税の計算は、流れのイメージを掴んで、次回以降、流れのどの部分の話なのかを意識して学習を進めると、理解が深まります。
動画講義
まずは、動画講義をチェックして、最後に下の確認問題を解いて下さい。
目次
相続税の納付 0:00~
相続税の計算体系 1:40~

スポンサーリンク




スポンサーリンク




確認問題

【問1】
相続税の納付期限は、相続の開始を知った日の翌日から10ヵ月以内である。
【答1】

○:相続税の納付期限は、相続の開始を知った日の翌日から10ヵ月以内です。

【問2】
相続税の納付は、金銭で一括納付する事を原則としているが、それが不可能である場合、延納の制度がある。
【答2】

○:相続税の納付は、金銭で一括納付する事を原則としていますが、それが不可能である場合、一定要件のもと、延納する事ができます。

【問3】
相続税は、延納によっても相続税を納める事ができない場合、物納の制度がある。
【答3】

○:相続税には物納の制度があります。

ホーム

スポンサーリンク




スポンサーリンク




スポンサーリンク



LINEで送る
Pocket

コメントは受け付けていません。