お金の寺子屋

CFP6科目同時合格者が運営するwebスクール。
FP2級までの全論点の動画解説ほか、充実した練習問題と過去問対策が無料で利用できます。

穴埋め問題(FP3) 第三分野の保険

【重要度☆☆☆】

医療保険や医療保険特約の約款にある1入院とは、連続した入院と原因を同じくする複数回の入院を言い、複数回入院した場合でも、入院給付金の支払対象となった入院の退院日の翌日から180日経過後の入院は新たな入院とみなされる

がん保険やがん保障特約は、一般的に90日やヵ月程度の免責期間が設けられている

がん保険やがん保障特約等の、入院給付金や手術給付金の支払日数や支払回数の上限はない

先進医療特約の加入後に新しく認められた先進医療(契約時には先進医療でなかった治療)を受けた場合、当該治療は特約保険金の支払い対象とな  る

特定疾病補償定期保険特約は、がん・急性心筋梗塞・脳卒中(三大疾病)により所定の状態になった場合に、生前に死亡保険金と同額の特定疾病保険金が支払われる特約で、これを受け取った時点で契約は終了する

特定疾病補償定期保険特約の特定疾病保険金を受け取らずに、交通事故で死亡した場合は、死亡保険金が支払われる

特定疾病補償定期保険特約の特定疾病保険金と死亡保険金は、同額

リビングニーズ特約は、病気やケガの種類を問わず、余命6ヵ月以内と診断された場合に、被保険者の生存中に死亡保険金の一部または全部を受け取る事ができる特約

リビングニーズ特約の保険料は無料

リビングニーズ特約による受け取る保険金は非課税

リビングニーズ特約による受け取る保険金は、被保険者の死亡時に相続税の課税対象になる

【重要度☆☆】

【重要度☆】

第三分野の保険を販売できるのは生命保険会社と損害保険会社の両方

病気やケガによる入院・手術等に備える第三分野保険は医療保険医療保険特約

先進医療特約は、厚生労働大臣が定めた一定の高度な治療を受けた場合に、技術料相当額の保険金を受け取る事ができる特約

ホーム

スポンサーリンク




スポンサーリンク




スポンサーリンク



LINEで送る
Pocket

コメントは受け付けていません。