お金の寺子屋

CFP6科目同時合格者が運営するwebスクール。
FP2級までの全論点の動画解説ほか、充実した練習問題と過去問対策が無料で利用できます。

穴埋め問題(FP3) 保険制度

【重要度☆☆☆】

保険の募集行為とは、保険契約の勧誘・代理・媒介を行う事であり、勧誘を目的とした保険商品の説明や保険金が支払われるか否かの回答は、募集行為に該当 する

少数の試行や母体からは法則性を見出せない(予測が困難である)が、大数の試行や母体からは法則性が見いだせる(予測が可能である)事を大数の法則という

保険会社が同一のリスクを持つ全被保険者から集めた保険料総額及び運用益は、長期的には保険会社が支払う保険金及び経費と等しいという原則を収支相等の原則という

クーリングオフは、申込日もしくはクーリングオフの内容を記載した書面を受け取った日のいずれかい日から日以内に、書面により有効に契約の撤回ができる制度

生命保険契約者保護機構により、生命保険会社が破綻した時、一定の契約を除き、破綻時点の責任準備金90%が補償さる

保険会社の支払い能力を判断する指標であるソルベンシーマージン比率は、200%以上ある事が安全上の基準となっている

【重要度☆☆】

保険会社が経営破綻した時に契約者を保護する為に、保険会社は生命保険契約者保護機構もしくは損害保険契約者保護機構に強制加入する事になっている

損害保険契約者保護機構により、損害保険会社が破綻した時、自賠責保険と家計地震保険は、保険金・解約返戻金ともに100%補償される

損害保険契約者保護機構により、損害保険会社が破綻した時、自動車保険と火災保険の保険金は、破綻後3ヵ月以内は100%補償される(3ヵ月経過後は80%)

【重要度☆】

個々の支払う保険料は個別の危険度に応じて公平である(保険料は危険度に応じて定めなければならない)という原則を給付反対給付均等の原則(レクシスの原則)という

ホーム

スポンサーリンク




スポンサーリンク




スポンサーリンク



LINEで送る
Pocket

コメントは受け付けていません。