お金の寺子屋

CFP6科目同時合格者が運営するwebスクール。
FP2級までの全論点の動画解説ほか、充実した練習問題と過去問対策が無料で利用できます。

応答式問題(FP2) 相続税の課税財産と非課税財産

【問1】
生前贈与加算とはどのような制度か、説明してください。
【答1】
被相続人が生前行った贈与のうち、相続または遺贈により財産(みなし相続財産を含む)を取得した者が、相続開始前3年以内に被相続人から暦年課税による贈与により取得した財産を、相続税の計算に含める制度です。
【問2】
生前贈与加算を行う場合、相続税の課税価格に含める金額はいつ時点の時価か、答えてください。
【答2】
贈与時の時価です。
【問3】
生命保険の死亡保険金の非課税限度額を求める計算式を答えてください。
【答3】
500万円×法定相続人の数です。

スポンサーリンク




スポンサーリンク




【問4】
弔慰金等の非課税限度額を求める計算式を答えてください。
【答4】
業務上の死亡の場合は普通給与の3年分相当額で、業務上以外の死亡の場合は普通給与の半年分相当額です。
【問5】
みなし相続財産の受取人が放棄をしていた場合、どのように取り扱われるか、説明してください。
【答5】
相続を放棄していても、みなし相続財産を受け取る事は可能で、相続税の納税義務者となります。
【問6】
非課税財産に係る債務、遺言執行費用、香典返礼費用、法会に要する費用のうち、債務控除できないものを全て選んでください。
【答6】
非課税財産に係る債務、遺言執行費用、香典返礼費用、法会に要する費用は、全て債務控除の対象外です。
ホーム

スポンサーリンク




スポンサーリンク




スポンサーリンク



LINEで送る
Pocket

コメントは受け付けていません。