お金の寺子屋

計算問題(FP2) 10種類の所得1(不動産所得・事業所得・譲渡所得)

【問1】学科/FP協会/金財(個人)/金財(保険)
東条さんが保有する賃貸マンションに係る2021年分の収入および支出等が下記<資料>のとおりである場合、2021年分の所得税に係る不動産所得の金額を計算しなさい。なお、<資料>以外の収入および支出等はないものとし、青色申告特別控除は考慮しないこととする。

<資料:2021年分の賃貸マンションに係る収入および支出等>
[賃料収入(総収入金額)]
148万円

[支出]
管理業務委託費:月額賃料の5%
銀行へのローン返済金額:70万円(元金50万円、利息20万円)
管理費等:15万円
共益費:85,000円
火災保険料:15,000円
固定資産税:135,000円
修繕費:6万円

[減価償却費]
25万円

支出等のうち必要経費となるものは、すべて2021年分の所得に係る必要経費に該当するものとする。
正解:511,000円
不動産所得=総収入金額-必要経費(*青色申告特別控除を考慮しない場合)です。
資料より、収入金額は、148万円です。
また、支出と減価償却費については、借入金の元本返済額以外はすべて必要経費になります(土地取得に係る借入金の利子も必要経費になります)から、必要経費は、148万円×0.05+20万円+15万円+85,000円+15,000円+135,000円+6万円+25万円=969,000円です。
よって、不動産所得=1,480,000円-969,000円=511,000円となります。


【問2】学科/FP協会/金財(個人)/金財(保険)
東条さんは個人で飲食店を営む自営業者(青色申告者)である。2021年分の東条さんの飲食店の財務データが下記<資料>のとおりである場合、東条さんの2021年分の所得税における事業所得の金額を計算しなさい。

<資料>
(1) 売上(収入)金額:1,740万円
(2) 売上原価:630万円
(3) 必要経費:390万円
(4) 青色事業専従者給与:180万円

青色事業専従者給与は東条さんの妻に対して支払われたものであり、この金額は、(3)の必要経費には含まれていない。
東条さんは、青色申告特別控除65万円の控除要件を満たしている。
<計算式>
事業所得の金額=売上(収入)金額-売上原価-必要経費-青色事業専従者給与-青色申告特別控除
正解:475万円
事業所得の金額=1,740万円-630万円-390万円-180万円-65万円=475万円となります。

【問3】学科/FP協会/金財(個人)/金財(保険)
個人事業主の東条さんは、2021年7月1日にトラック(新車)を購入したが、営業開始が遅延し、同年9月25日から事業の用に供している。東条さんのこのトラックの2021年分の所得税における事業所得の金額の計算上、必要経費に算入すべき減価償却費の金額はいくらか。なお、トラックの取得価額は600万円、耐用年数は5年とする。また、東条さんは個人事業を開業して以来、車両についての減価償却方法を選択したことはない。

<償却率(法定耐用年数50年)>
定額法:0.200
定率法:0.400
正解:400,000円
減価償却費の額は、「取得価額×償却率×供用月数/12」という式で求めることができます。
また、個人事業主の事業所得の計算上、減価償却費の計算方法は、定率法を選択しない限り定額法となること、減価償却費として費用計上することができるのは、業務の用に供した期間に対応する期間分だけであることより、減価償却費は、600万円×0.200×4/12=400,000円となります。

スポンサーリンク




スポンサーリンク



一覧へ 進む>
LINEで送る
Pocket

コメントは受け付けていません。