お金の寺子屋

CFP6科目同時合格者が運営するwebスクール。
FP2級までの全論点の動画解説ほか、充実した練習問題と過去問対策が無料で利用できます。

FP試験に役立つ語呂合わせ(やや神ver.)

論点解説
【役立ち度】★★★★★
試験に役立つ語呂合わせです。ややこじつけ感があるものもありますが、親しみやすくて役に立つ語呂合わせです。
動画を視聴した後、下の確認問題で知識を定着させてください。
動画講義
まずは、動画講義をチェックして、最後に下の確認問題を解いて下さい。
目次
語呂10個 0:00~
おまけ 0:55~
関連動画 3:10~

スポンサーリンク




スポンサーリンク




確認問題

【問1】黒塗り部分を埋めて下さい。

出産一時金は、基本的に42万円が支払われる

出産手当金は、基本的に、出産日以前42日間から出産後56日間まで、標準報酬日額の3分の2が支給される

健康保険の任意継続被保険者となれるのは、離職前に2ヵ月以上の被保険者期間がある人で、離職の日の翌日から20日以内に手続きを行えば、最長2年間被保険者となる事ができる

遺族厚生年金は、報酬比例部分の4分の3相当額が支給されて、厚生年金保険の被保険者であった人が亡くなった場合等は、被保険者期間が25年(300ヵ月)に満たない場合、被保険者期間が25年(300ヵ月)あったものとして計算する

給与所得者が強制的に確定申告をしなくてはならない条件は、給与収入が2,000万円以上、副業の所得が20万円以上、ヵ所以上から給料をもらっていて一定要件を満たす場合等

法人税等(法人税・法人住民税・法人事業税)や法人が納める消費税の確定申告期限は、原則として、決算日の翌日からヵ月以内

一時所得の計算式は、総収入金額-収入を得るために支出した金額-特別控除額(最高50万円)

課税所得の計算において、一時所得の金額は、その額を総所得金額に算入する

退職所得の計算式は、(収入金額-退職所得控除額)×1/2

課税所得の計算において、退職所得の金額は、その額を総所得金額に算入する

直接税かつ国税である税金は、贈与税、所得税、法人税、相続税等

容積率の上限の計算における法定乗数は、住居系の用途地域では4/10、その他の用途地域(商業系と工業系の用途地域)では6/10

遺言は15歳以上の意思能力がある人がする事ができる

関連ページ

神ver.の語呂合わせは、「語呂合わせ(神ver.)」をご覧ください。

ホーム

スポンサーリンク




スポンサーリンク




スポンサーリンク



LINEで送る
Pocket

コメントは受け付けていません。