お金の寺子屋

CFP6科目同時合格者が運営するwebスクール。
FP2級までの全論点の動画解説ほか、充実した練習問題と過去問対策が無料で利用できます。

FP2級学科解説-2020年1月・問21~30

【問21】

正解:
1. 正しい記述です。
2. 正しい記述です。
3. 正しい記述です。
4. マネーストックには、国や金融機関が保有する通貨は含みません。
【問22】

正解:
1. 正しい記述です。
2. 正しい記述です。
3. 正しい記述です。
4. グロース運用において投資する対象の銘柄は株価が高い傾向にありますから、配当利回り(計算式の分母が株価)が低い銘柄中心のポートフォリオとなる傾向があると言えます。
【問23】

正解:
1. 正しい記述です。
2. 正しい記述です。
3. 正しい記述です。
4. デュアルカレンシー債の説明です。リバースデュアルカレンシー債は、払い込みと償還が円貨で行われ、利払いが外貨で行われます。
【問24】

正解:
1. 正しい記述です。
2. 制度信用取引の説明と一般信用取引の説明が逆です。証券取引所が定めた規則によって行われる信用取引が制度信用取引で、顧客と証券会社との契約によって行われる信用取引が一般信用取引です。
3. 正しい記述です。
4. 正しい記述です。
【問25】

正解:
1. PER=株価÷1株当たり純利益=3,000円÷(150億円÷1.5億)=30倍です。
2. PBR=株価÷1株当たり純資産=3,000円÷(600億円÷1.5億)=7.5倍です。
3. ROE=当期純利益÷自己資本=150億円÷600億円=0.25=25%です。
4. 配当性向=配当金総額÷当期純利益=90億円÷150億円=0.6=60%です。

【問26】

正解:
1. 正しい記述です。
2. 円高は、外貨建資産に投資した場合における円換算利回りの低下要因です。
3. 正しい記述です。
4. 正しい記述です。
【問27】

正解:
1. 正しい記述です。
2. 2資産間の相関係数が1である場合、2資産は同じ値動きをする(同じ銘柄を2倍の数量購入したのと同じになる)ため、リスク軽減効果はありません。
3. ポートフォリオのリスクは、組み入れた各資産のリスクを組入比率で加重平均した値になります。
4. ポートフォリオの期待収益率は、組み入れた各資産の期待収益率を組入比率で加重平均した値になります。
【問28】

正解:
1. 正しい記述です。
2. 正しい記述です。
3. 一般NISA勘定やつみたてNISA勘定を通じて買い付ける事ができる非課税枠は、ともに、翌年以降に繰り越すことはできません。
4. 正しい記述です。
【問29】

正解:
1. 正しい記述です。
2. 正しい記述です。
3. 外貨預金は預金保険制度による保護の対象となりません。
4. 正しい記述です。
【問30】

正解:
1. 正しい記述です。
2. 一般投資家(特定投資家)以外の投資家については、基本的に、書面交付義務が免除されません。
3. 正しい記述です。
4. 正しい記述です。

スポンサーリンク




スポンサーリンク



<戻る ホーム 進む>
LINEで送る
Pocket

コメントは受け付けていません。