お金の寺子屋

CFP6科目同時合格者が運営するwebスクール。
FP2級までの全論点の動画解説ほか、充実した練習問題と過去問対策が無料で利用できます。

FP2級学科解説-2019年9月・問21~30

【問21】

正解:
1. 正しい記述です。
2. 米国の物価が上昇するということは、米ドルの価値が低下するということですから、一般的に、円高米ドル安要因です。
3. 正しい記述です。日本の貿易黒字が拡大すると、一般的に、円の価値が高まると考えられます。
4. 米国が政策金利を引き上げるということは、米ドルの価値が高くなるということですから、一般的に、円安米ドル高要因です。
【問22】

正解:
当初の投資額は、10,000米ドル×110円/米ドル(TTS)=110万円です。
満期時の米ドル建て資産は、10,000米ドル×(1+0.02)=10,200米ドルですから、これを円転すると、10,200米ドル×112円/米ドル(TTB)=1,142,400円です。
つまり、円ベースでは1,142,400円-110万円=42,400円となります。
したがって、円ベースの利回り(%)は、42,400円÷110万円×100≒3.854…%となります。
【問23】

正解:
1. 正しい記述です。
2. ETFは、信用取引の対象です。
3. 正しい記述です。
4. 正しい記述です。
【問24】

正解:
1. 他の条件が同じであれば、発行体の信用度が高い債券の方が、債券の価格は高くなります。
2. 正しい記述です。
3. 正しい記述です。
表面利率をa%、最終利回りをb%、債券価格をcとすると、{a+(100-c)÷保有期間}÷c×100=bとなります。
よって、a<bなのであれば、(100-c)>0という式が成り立ちます。
ゆえに、問題文の条件下では、債券価格(c)は、額面価格(100円)を下回ります。
4. 正しい記述です。
【問25】

正解:
1. 正しい記述です。
2. 正しい記述です。
3. 正しい記述です。
4. 制度信用取引の対象となる銘柄は、証券取引所が定めています。

【問26】

正解:
(ア) シャープレシオは、(ファンドのリターン-無リスク金利)÷標準偏差という式により計算されますから、ファンドAのシャープレシオ=(6%-1%)÷2%=2.5となります。
(イ) ファンドBのシャープレシオ=(8%-1%)÷4%=1.75となります。
(ウ) シャープレシオは、運用の効率を評価する指標で、この値が高いほど効率的な運用であったと判断されます。
【問27】

正解:
1. 正しい記述です。
2. 正しい記述です。
3. 正しい記述です。
4. NISA口座内の上場株式に係る譲渡損失は、損益通算することができません。
【問28】

正解:
1. 正しい記述です。
2. ゆうちょ銀行に預け入れた通常貯金も、預金保険制度によって保護される金額は、1,000万円までです。預け入れ限度額と混同しないようにしてください。
3. 正しい記述です。
4. 正しい記述です。
【問29】

正解:
1. 正しい記述です。
2. 金融商品販売法と消費者契約法の両方の規定を適用することができる場合は、両方の規定が適用されます。
3. 正しい記述です。
4. 正しい記述です。
【問30】

正解:
1. 正しい記述です。
2. ジュニアNISAにおける非課税投資枠は、年間80万円です。
3. つみたてNISAには、ロールオーバーの制度はありません。
4. つみたてNISAでは、REITに投資する事はできません。NISAは、株式市場を活性化させる目的があるというイメージを持ってください。

スポンサーリンク




スポンサーリンク



<戻る ホーム 進む>
 
 
 
LINEで送る
Pocket

コメントは受け付けていません。