お金の寺子屋

CFP6科目同時合格者が運営するwebスクール。
FP2級までの全論点の動画解説ほか、充実した練習問題と過去問対策が無料で利用できます。

3分講座(FP3級)建蔽率と容積率の計算

論点解説
【重要度】★★★★★
最重要論点の一つです。建蔽率と容積率の計算は必ずできるようになって下さい。
動画講義
まずは、動画講義をチェックして、最後に下の確認問題を解いて下さい。

確認問題

【問】
建築基準法に従い、下記<資料>の土地に建築物を建築する場合の、建築面積の最高限度と延べ面積(床面積の合計)の最高限度を、それぞれ計算してください。なお、記載のない条件については一切考慮しない事とします。(2018年1月のFP協会分3級実技試験を改題)

<資料>
建築面積:240㎡、延床面積:1,080㎡

建築面積の最高限度=敷地面積×建蔽率の上限です。
指定建蔽率は80%で、建蔽率の緩和要件に該当するものはありませんから、建蔽率の上限は60%となります。
よって、建築面積の最高限度=300㎡×80%=240㎡となります。

延床面積の最高限度=敷地面積×容積率の上限です。
このケースでは、前面道路の幅員が12m未満ですから、指定容積率もしくは前面道路の幅員×法定乗数のどちらか小さい方が、容積率の上限となります。
指定容積率=400%、前面道路の幅員×法定乗数=6×6/10=360%より、容積率の上限は360%となります。
よって、延床面積の最高限度=300㎡×360%=1,080㎡となります。

もうひと頑張り、練習問題を解くと、合格する確率がアップしますよ!

<戻る 一覧へ 進む>
LINEで送る
Pocket

コメントは受け付けていません。