お金の寺子屋

CFP6科目同時合格者が運営するwebスクール。
FP2級までの全論点の動画解説ほか、充実した練習問題と過去問対策が無料で利用できます。

【FP2級無料講座】不動産の譲渡に係る税金

論点解説
【重要度】★★★★★
分離譲渡所得の復習です。概算取得費と長期・短期の判定は、特に重要です。
動画講義
まずは、動画講義をチェックして、最後に下の確認問題を解いて下さい。
目次
譲渡所得 0:00~
譲渡所得の分類 1:37~

スポンサーリンク




スポンサーリンク




確認問題

【問1】
不動産を売却した事による所得は、譲渡所得として総合課税される。
【答1】
×:不動産を売却した事による所得は、譲渡所得として分離課税されます。
【問2】
不動産を売却した事による所得は、取得日から売却日までの期間が5年を超える場合、分離長期譲渡所得として課税される。
【答2】
×:分離長期譲渡所得の長期・短期の区分は、取得日から売却日が属する年の1月1日までの期間が5年を超えるか否かによります。
【問3】
不動産を売却するための仲介手数料や立退料は、譲渡費用に含まれる。
【答3】
○:譲渡費用は売却代金を得るためのお金ですから、不動産を売却するための仲介手数料や立退料は、譲渡費用に含まれます。
【問4】
不動産に係る譲渡所得の金額の計算上、取得費が不明な場合には、譲渡収入金額の5%相当額を取得費とすることができる。
【答4】
○:概算取得費は、収入金額の5%です。ちなみに、取得費が明らかな場合であっても、取得費が収入金額の5%未満である場合も、収入金額の5%とする事ができます。

ホーム

スポンサーリンク




スポンサーリンク




スポンサーリンク



LINEで送る
Pocket

コメントは受け付けていません。