お金の寺子屋

CFP6科目同時合格者が運営するwebスクール。
FP2級までの全論点の動画解説ほか、充実した練習問題と過去問対策が無料で利用できます。

【FP2級無料講座】利子所得

論点解説
【重要度】★★★☆☆
どのような収入が利子所得に区分されるのか、どのように所得を計算するのか、どのように課税されるのか、という3点を押さえてください。
動画講義
まずは、動画講義をチェックして、最後に下の確認問題を解いて下さい。
目次
所得の分類と計算 0:00~
課税方法 1:27~
利子の非課税制度 2:33~

確認問題

【問1】
銀行に預けた預金の利子は、利子所得となり、申告分離課税される。
【答1】
×:預金の利子にかかる利子所得は、申告分離課税ではなく、源泉分離課税されます。
なお、特定公社債の利子は、申告分離課税の対象とされていますが、詳しくは金融資産運用の章で学習します。
【問2】
友人に貸したお金に係る利子は、利子所得となる。
【答2】
×:友人に貸したお金に係る利子は、雑所得となります。
利子を払った友人に、税金を源泉徴収して税務署に納めさせるよりも、利息を受け取った人に確定申告させる方が、税金を徴収しやすいからだと思って下さい。
【問3】
利子所得に係る所得税の税率は、15%である。
【答3】
○:利子所得にかかる税率は、所得税15%、住民税5%です。ちなみに、復興特別所得税は、0.315%です。

スポンサーリンク




スポンサーリンク



ホーム
 
LINEで送る
Pocket

コメントは受け付けていません。