お金の寺子屋

CFP6科目同時合格者が運営するwebスクール。
FP2級までの全論点の動画解説ほか、充実した練習問題と過去問対策が無料で利用できます。

【FP2級無料講座】ポートフォリオ運用

論点解説
【重要度】★★★★★
ほぼ必ず1問大問で出題されます。
相関係数の理屈と期待収益率の求め方を、まずは押さえてください。ポートフォリオの投資収益率と期待収益率の計算とシャープレシオの計算は、必ずできるようになってください。
動画講義
まずは、動画講義をチェックして、最後に下の確認問題を解いて下さい。
目次
リスクについて 0:00~
期待値 1:49~
期待収益率 3:27~
ポートフォリオ運用 4:41~
相関係数 5:34~
ポートフォリオの収益率 9:25~
シャープレシオ 12:26~

確認問題(正誤問題)

【問1】
非市場リスク(アンシステマティックリスク)は、ポートフォリオへの組入れ銘柄数を増やすことにより軽減する事ができる。
【答1】
○:非市場リスク(アンシステマティックリスク)は、ポートフォリオへの組入れ銘柄数を増やすことにより軽減する事ができます。
【問2】
異なる2資産からなるポートフォリオにおいて、2資産間の相関係数が1となる場合、ポートフォリオを組成することによる分散投資の効果(リスクの低減)は最大となる。
【答2】
×:リスクの軽減効果は最大となるのは、2資産の相関係数が-1のときです。
【問3】
A資産の期待収益率が3%、B資産の期待収益率が8%の場合、A資産を40%、B資産を60%の割合で組み入れたポートフォリオの期待収益率は6%となる。
【答3】
○:3%×0.4+8%×0.6=6%です。
【問4】
シャープレシオは、ポートフォリオ全体の収益率を、ポートフォリオ全体のリスク(標準偏差)で除すことにより求められる。
【答4】
×:シャープレシオは、ポートフォリオ全体の収益率から無リスク資産の収益率を引いたものを、ポートフォリオ全体のリスク(標準偏差)で割ることにより求められます。
【問5】
シャープレシオは、高ければ、効率よく運用されていたと評価することができる。
【答5】
○:シャープレシオは、高ければ、効率よく運用されていたと評価することができます。

スポンサーリンク




スポンサーリンク



<戻る ホーム 進む>
LINEで送る
Pocket

コメントは受け付けていません。