お金の寺子屋

現役のFP資格講師(CFP6科目同時合格者)が運営する、
FP試験の独学者を応援するサイトです。

【FP3級無料講座】債券の利回りと経過利子の計算

論点解説
【重要度】★★★★★
最終利回りの計算は最重要論点です。端数利息は殆ど出題されていませんから、捨てても結構です。
動画講義
まずは、動画講義をチェックして、最後に下の確認問題を解いて下さい。
目次
利回りとは(復習) 0:00~
直接利回り 0:55~
総合的な利回り 1:57~
最終利回り 3:19~
経過利子 4:49~

スポンサーリンク




スポンサーリンク




確認問題

【問1】
債券の直接利回りは、債券から1年間で得られる利子を額面金額で割って求める事ができる。
【答1】

×:直接利回りは、債券から1年間で得られる利子を投資金額で割って求めます。

【問2】
表面利率(クーポンレート)1%、残存期間5年の固定利付債券を、額面100円当たり101円で購入した場合の単利最終利回りを計算してください。
なお、解答は表示単位(%)の小数点以下第3位を四捨五入してください。
【答2】

1.19%です。
{1+(100-101)÷5}÷101×100=1.1881…%となります。

【問3】
表面利率(クーポンレート)0.3%、残存期間4年の固定利付債券を、額面100円当たり102円で購入した場合の単利最終利回りを計算してください。
なお、解答は表示単位(%)の小数点以下第3位を四捨五入してください
【答3】

▲0.2%です。
{0.3+(100-102)÷4}÷102×100=▲0.196…%となります。

ホーム

スポンサーリンク




スポンサーリンク




スポンサーリンク



LINEで送る
Pocket

コメントは受け付けていません。