お金の寺子屋

現役のFP資格講師(CFP6科目同時合格者)が運営する、
FP試験の独学者を応援するサイトです。

【FP3級無料講座】マーケットの変動要因

論点解説
【重要度】★★★★☆
金利や為替が上下する理屈をきちんと理解してください。公開市場操作の理屈も押さえておきたいです。
動画講義
まずは、動画講義をチェックして、最後に下の確認問題を解いて下さい。
目次
導入 0:00~
金利の変動条件 0:42~
為替の変動条件 3:09~
公開市場操作 6:04~
預金準備率操作 9:34~
金融商品の選択 10:42~

スポンサーリンク




スポンサーリンク




確認問題

【問1】
一般的に、物価の上昇は金利の低下要因とされる。
【答1】

×:一般的に、物価の上昇は資金需要の増加につながり、金利の上昇要因であるとされます。

【問2】
アメリカの市場金利が上昇する事は、対米ドルの為替相場においては、一般的に、円安、米ドル高の要因となる。
【答2】

○:アメリカの市場金利が上昇すると、米ドルでの投資が有利となり、米ドルの需要が高まりますから、米ドルの価値が上昇し、相対的に、円安・米ドル高になると考えられます。

【問3】
日本銀行による公開市場操作の売りオペレーションは、金利を高く誘導する効果が期待される。
【答3】

○:売りオペレーションは、金融機関の資金を吸い上げるものであり、金利の上昇要因です。

【問4】
日本銀行による公開市場操作の買いオペレーションは、金融の引締めを目的として行われる。
【答4】

×:買いオペレーションは、資金供給を増やして金利を低く誘導するもので、金融緩和を目的として行われます。

ホーム

スポンサーリンク




スポンサーリンク




スポンサーリンク



LINEで送る
Pocket

コメントは受け付けていません。