お金の寺子屋

現役のFP資格講師(CFP6科目同時合格者)が運営する、
FP試験の独学者を応援するサイトです。

【FP3級無料講座】第三分野の保険

論点解説
【重要度】★★★☆☆
1入院の概念、がん保険の商品性、先進医療特約の給付判定をきちんと理解してください。
動画講義
まずは、動画講義をチェックして、最後に下の確認問題を解いて下さい。
目次
医療保険 0:00~
1入院の概念 2:11~
介護保険 4:12~
がん保険 4:37~
先進医療特約 5:29~

スポンサーリンク




スポンサーリンク




確認問題

【問1】
医療保険では、退院後に入院給付金を受け取り、その退院日の翌日から1年経過後に前回と同一の疾病により再入院した場合、入院給付金支払日数は前回の入院日数と合算され、1入院当たりの給付日数制限の適用を受ける。
【答1】

×:連続した複数回の入院が1入院と見なされるのは、入院給付金を受け取る事となった入院の退院日の翌日から180日以内に前回と同一の疾病により再入院した場合です。

【問2】
がん保険では、一般に、責任開始日前に180日程度の免責期間が設けられており、その期間中にがんと診断されたとしても診断給付金は支払われない。
【答2】

×:がん保険の一般的な免責期間は90日程度です。

【問3】
医療保険等に付加される先進医療特約の対象となる先進医療とは、責任開始日において厚生労働大臣が承認しているものである。
【答3】

×:医療保険等に付加される先進医療特約の対象となる先進医療とは、療養を受けた時点において厚生労働大臣が承認しているものです。

ホーム

スポンサーリンク




スポンサーリンク




スポンサーリンク



LINEで送る
Pocket

コメントは受け付けていません。