お金の寺子屋

現役のFP資格講師(CFP6科目同時合格者)が運営する、
FP試験の独学者を応援するサイトです。

【FP3級無料講座】損害保険の基礎

論点解説
【重要度】★★★☆☆
保険金額と保険価格は紛らわしいので混同しないようにしてください。保険金額と保険価格の関係性による保険金の支払われ方は、きちんと押さえてください。
動画講義
まずは、動画講義をチェックして、最後に下の確認問題を解いて下さい。
目次
保険の仕組みと機能 0:00~
損害保険の基礎用語 1:07~
保険金の支払い 4:30~

スポンサーリンク




スポンサーリンク




確認問題

【問1】
損害保険において、保険会社が損害に対して支払う保険金の限度額を、保険価額という。
【答1】

×:保険会社が損害に対して支払う保険金の限度額は、保険金額です。

【問2】
損害保険の契約者は、契約で通知事項として定められている一定の事実が発生した場合、遅滞なく保険会社に通知しなくてはいけない。
【答2】

○:損害保険の契約者には通知義務があります。

【問3】
損害保険において、保険金額が保険価額を下回っている場合に、保険金額の保険価額に対する割合に応じて保険金が削減されて支払われることを比例てん補という。
【答3】

○:保険金額が保険価額を下回っている場合、保険事故が発生した際には比例填補されます。

【問4】
損害保険において、保険金額が保険価額に満たない保険を一部保険という。
【答4】

○:保険金額が保険価額に満たない保険を一部保険と言います。

ホーム

スポンサーリンク




スポンサーリンク




スポンサーリンク



LINEで送る
Pocket

コメントは受け付けていません。