お金の寺子屋

現役のFP資格講師(CFP6科目同時合格者)が運営する、
FP試験の独学者を応援するサイトです。

【FP3級無料講座】財形貯蓄

論点解説
【重要度】★☆☆☆☆
試験対策上、殆ど不要な論点です。勤務先に財形制度がある方は、実生活上の知識として、ご視聴ください。
動画講義
まずは、動画講義をチェックして、最後に下の確認問題を解いて下さい。
目次
財形貯蓄制度 0:00~
種類と内容 1:07~

スポンサーリンク




スポンサーリンク




確認問題

【問1】
財形年金貯蓄は、満55歳未満でなければ、契約する事ができない。
【答1】
○:財形住宅貯蓄と財形年金貯蓄は、満55歳未満でなければ、契約する事ができません。
【問2】
財形住宅貯蓄は、財形年金貯蓄と合わせて、元利合計550万円まで積み立てる事ができる。
【答2】
○:財形住宅貯蓄と財形年金貯蓄は、積立限度額を共有し、貯蓄型の元利合計と保険型の払込保険料の合計が550万円まで非課税になります。
【問3】
財形住宅貯蓄は、複数の金融機関で行う事はできない。
【答3】
○:財形住宅貯蓄と財形年金貯蓄は、1人1契約までです。
【問4】
一般財形貯蓄は、何度でも積み立てを中断する事ができる。
【答4】
○:一般財形貯蓄は、何度でも積み立てを中断する事ができます。
【問5】
財形年金貯蓄(貯蓄型)を途中で引き出した場合、5年間遡って課税される。
【答5】
○:貯蓄型の財形貯蓄を途中で引き出した場合、5年間遡って課税されます。

ホーム

スポンサーリンク




スポンサーリンク




スポンサーリンク



LINEで送る
Pocket

コメントは受け付けていません。