お金の寺子屋

現役のFP資格講師(CFP6科目同時合格者)が運営する、
FP試験の独学者を応援するサイトです。

【FP3級無料講座】公的介護保険

論点解説
【重要度】★★★★☆
利用者負担の割合は特に押さえておくべき論点で、被保険者区分も押さえておいた方が良いと思います。
動画講義
まずは、動画講義をチェックして、最後に下の確認問題を解いて下さい。
目次
公的介護保険の概要 0:00~
制度の全体像 2:03~
給付内容 2:48~

スポンサーリンク




スポンサーリンク




確認問題

【問1】
公的介護保険の保険給付の対象となるサービスを利用したときの被保険者の自己負担割合は、原則として、そのサービスにかかった費用(食費、居住費等を除く)の3割である。
【答1】

×:公的介護保険の利用者負担の割合は、原則として1割(一定以上の所得がある場合2割)です。

【問2】
45歳になると、公的介護保険の被保険者となる。
【答2】

×:公的介護保険の被保険者となる年齢は、40歳です。

【問3】
65歳以上の者は、公的介護保険の第1号被保険者に区分される。
【答3】

○:公的介護保険の被保険者区分は、40歳以上が第2号被保険者(給付の予備軍のようなイメージ)で、65歳以上が第1号被保険者(給付の主役のようなイメージ)です。

ホーム

スポンサーリンク




スポンサーリンク




スポンサーリンク



LINEで送る
Pocket

コメントは受け付けていません。