お金の寺子屋

現役のFP資格講師(CFP6科目同時合格者)が運営する、
FP試験の独学者を応援するサイトです。

FP3級学科解答速報-2018年(平成30年)9月(前半)

(1)
正解:×
税理士資格を保有していない人が、税務代理を行ってはいけません。
(2)
正解:×
傷病手当金の額は、原則として、1日当たり、標準報酬日額の3分の2相当額です。
(3)
正解:×
国民年金の第三号被保険者は、第2号被保険者の被扶養者です。
(4)
正解:×
付加年金の額は、200円×付加保険料納付済み月数です。
(5)
正しい記述です。
正解:〇
(6)
正解:×
払済保険や延長保険にすると、特約はすべて消滅します。
(7)
正解:〇
正しい記述です。
(8)
正解:×
ハーフタックスプランの要件を満たす養老保険の保険料は、半額を福利厚生費として損金算入し、半額を資産計上します。
(9)
正解:〇
正しい記述です。
(10)
正解:×
がん保険の入院給付金や手術給付金には、通常、支払限度額が定められていません。
(11)
正解:〇
正しい記述です。
(12)
正解:〇
正しい記述です。
(13)
正解:×
一般に投機的格付けとされる債券は、ダブルB相当以下の格付けがされた債券です。
(14)
正解:×
買う権利はコールオプションです。
(15)
正解:〇
正しい記述です。

スポンサーリンク




スポンサーリンク




(16)
正解:〇
正しい記述です。
(17)
一時所得の金額は、その半額が総所得金額に算入されます。
正解:×
(18)
正解:×
公的年金等に係る雑所得の金額は、「収入金額-公的年金等控除額」です。
(19)
正解:×
セルフメディケーション税制の適用を受けた場合、医療費控除の金額は、最高で88,000円になります。
(20)
正解:〇
正しい記述です。平成30年度からの改正点です。
(21)
登記事項証明書は、所定の手数料を納付すればだれでも交付を受ける事が出来ます。
正解:×
(22)
正解:×
瑕疵担保責任に基づく損害賠償請求ができるのは、瑕疵を知った時から1年以内です。
(23)
正解:×
普通借家契約の説明です。定期借家契約は、再契約はできますが、更新はできません。
(24)
正解:×
不動産取得税は、相続による取得では課税されませんが、贈与による取得では課税されます。
(25)
正解:〇
正しい記述です。
(26)
正解:〇
正しい記述です。
(27)
正解:×
香典返礼費用は、債務控除の対象外です。
(28)
正解:〇
正しい記述です。
(29)
正解:〇
正しい記述です。契約者(保険料負担者)と被保険者が同一である生命保険の死亡保険金は、相続税の課税対象になります。
(30)
正解:×
特定居住用宅地等は、330㎡まで80%評価減されます。
ホーム 進む>

スポンサーリンク




スポンサーリンク




スポンサーリンク



LINEで送る
Pocket

コメントは受け付けていません。