お金の寺子屋

現役のFP資格講師(CFP6科目同時合格者)が運営する、
FP試験の独学者を応援するサイトです。

FP2級実技解説-2018年(平成30年)1月・解説のみ(前半)

【問1】 ×、○、○、○
(ア) 不動産の貸借契約の媒介を業として行う事が出来るのは、宅地建物取引業の免許を受けた者に限られます。
(イ) 一般的な情報の提供は、関連法規に抵触しません。
(ウ) 一般的な情報の提供は、関連法規に抵触しません。
(エ) 公的年金の受給見込み額の計算は、誰でも行う事が出来ます。

【問2】 
正しい順番は、(カ)→(エ)→(イ)→(ウ)→(ア)→(オ)です。
FPの6ステップとは、「1.顧客との関係確立とその明確化」→「2.顧客データの収集と目標の明確化」→「3.顧客のファイナンス状態の分析と評価」→「4.ファイナンシャル・プランの検討・作成と提示」→「5.ファイナンシャル・プランの実行援助」→「6.ファイナンシャル・プランの定期的見直し」という一連の流れを指します。

【問3】 983万円、348万円
預金者1人当たり、元本1,000万円とその利息、および決済用預金の全額が保護されます。
また、投資信託、個人向け国債、外貨預金は、預金保険制度による保護の対象となりません。
(ア) 普通預金138万円+定期預金682万円+普通預金63万円+定期預金100万円=983万円が保護されます。
(イ) 普通預金165万円+普通預金10万円+定期預金173万円=348万円が保護されます。

【問4】 
1. NISA口座を通して債券を購入する事は出来ません。
2. 投機的格付けに分類されるのは、ダブルB相当以下の格付けがされた債券です。
3. 正しい記述です。
4. 豪ドルベースでの利率が2.2%であり、円に換算した場合、為替の影響を受けますので、円換算した額面に対して年2.2%の利子を受け取る事ができる訳ではありません。

【問5】 ○、×、○
(ア) 配当性向=支払配当金÷税引後純利益ですから。この問題では1株あたり配当金を1株あたり純利益で割れば求める事が出来ます。
2016年12月期の配当性向=54円÷194.8円=27.72%です。
2015年12月期の配当性向=50円÷164.8円=30.34%です。
(イ) 2016年12月の配当金、1株当たり28円のみ受け取る事が出来ます。/td>
(ウ) 資料より、1単元=100株とありますから、この企業の株式1単元(1単位)を購入する際に必要な資金は、4,500円×100=45万円です。

【問6】 
(ア) 為替変動についても収益性を期待する場合、為替ヘッジがないコースを選択します。
(イ) 収益分配後の個別元本が、収益分配前の個別元本を上回っているので、に支払われた収益分配金はすべて普通分配金であると分かります。

【問7】 ○、○、○、×
(ア) 正しい記述です。
(イ) 正しい記述です。
(ウ) 正しい記述です。
(エ) マンションを購入した場合、強制的に管理組合の組合員になります。

【問8】 
長期譲渡所得=譲渡価格-(取得費用+譲渡費用)です。
譲渡費用は、取得価格の5%に満たない場合、取得価格の5%とする事ができますので、取得価格は、5,000万円×5%=250万円となります。
また、3,000万円特別控除の特例の適用を受ける事もできますので、
譲渡所得の金額は、5,000万円-(250+200)万円-3,000万円=1,550万円となります。

【問9】 2、4、1
(ア) 定期借家契約は、公正証書等の書面により契約しなくてはいけません。
(イ) 定期借家契約は、期間満了により終了し、更新されません。
(ウ) 普通借家契約は、1年以上の期間を定めた場合、その定めた期間となります。

【問10】 
路線価方式により計算した自用地の相続税評価額=路線価×敷地面積×補正率です。
よって、評価額=150千円/㎡×168㎡=2.520万円です。

スポンサーリンク




スポンサーリンク




【問11】 110万円、161万円、11万円
(ア) 死亡保険金100万円+死亡給付金10万円=110万円です。
(イ) 疾病入院給付金5,000円×14+手術給付金5,000円×40+ガン診断給付金100万円+ガン入院給付金1万円×14+ガン手術給付金20万円=161万円です。
(ウ) 疾病入院給付金5,000円×16+通院給付金3,000円×10=11万円です。

【問12】 
1. 養老保険のイメージ図です。
2. 終身保険のイメージ図です。
3. 一般的な定期保険のイメージ図です。一般的な定期保険は、解約返戻金が少なく、満期になると解約返戻金が0になります。
4. 個人年金保険のイメージ図です。

【問13】 ○、×、×、○
(ア) 正しい記述です。単独事故を起こした場合、同乗者に対して自賠責保険から保険金が支払われます。
(イ) 対人賠償保険は、身内に対する事故は免責となっています。
(ウ) 車両保険は、地震・津波・噴火による損害は免責となっています。
(エ) 正しい記述です。搭乗者傷害保険は、契約者本人を含む、契約者の車に乗っていた人全員を補償の対象とします。

【問14】 
雑所得=288万円-120万円=168万円
不動産所得=120万円-25万円-10万円(青色申告特別控除)=85万円
よって、総所得金額=168万円+85万円=253万円です。

【問15】 
建物の減価償却は定額法によります。
減価償却費は月割計算しますので、
減価償却費=6,000万円×0.02×10/12=100万円です。

【問16】 206万円
事業所得=1,128万円-(169+448+240)万円-65万円=206万円です。

【問17】 3/4、1/2、1/4、なし
(ア) 第3順位の血族相続人が居る場合、配偶者相続人の法定相続分は3/4です。
(イ) 配偶者相続人が居る場合、総体的遺留分は1/2であり、これを各相続人の法定相続分で按分しますが、第3順位の血族相続人には遺留分がありませんので、配偶者相続人の遺留分は1/2になります。
(ウ) 配偶者相続人が居る場合、第3順位の血族相続人の法定相続分は1/4です。
(エ) 第3順位の血族相続人には、遺留分はありません。

【問18】 
土地:1,500万円
建物:800万円
現預金:3,000万円
死亡保険金=2,500万円-(500万円×3)=1,000万円
債務控除額:900万円
よって、相続税の課税価格の合計額=5,400万円です。

【問19】 
父からの贈与に係る贈与税額={1,800万円-(2,500-1,000)万円}×20%=60万円です。
叔父からの贈与に係る贈与税額=(500-110)万円×20%-25万円=53万円です。
よって、納付すべき贈与税額=60万円+53万円=113万円となります。

【問20】 
1. 正しい記述です。
2. 限定承認は、全ての相続人が共同で行わなくてはいけません。
3. 相続の放棄は、相続の開始を知った日から3ヵ月以内に家庭裁判所に申述する事により初めて有効になります。
4. 単純承認は、被相続人の資産と負債を全て承継する方法です。問題文は、限定承認の説明です。

ホーム 進む>

スポンサーリンク




スポンサーリンク




スポンサーリンク



LINEで送る
Pocket

コメントは受け付けていません。