お金の寺子屋

現役のFP資格講師(CFP6科目同時合格者)が運営する、
FP試験の独学者を応援するサイトです。

【FP3級無料講座】相続財産の評価(不動産以外)

論点解説
【重要度】★★★☆☆
生命保険に係る権利の相続税評価額と、上場株式の相続税評価額の計算方法を押さえてください。
動画講義
まずは、動画講義をチェックして、最後に下の確認問題を解いて下さい。
目次
金融資産等の評価 0:00~
上場株式の評価 2:03~

スポンサーリンク




スポンサーリンク




確認問題

【問1】
相続開始時においてまだ保険事故が発生していない生命保険契約に関する権利の相続税評価額は、当該生命保険の解約返戻金相当額となる。
【答1】

○:生命保険契約に関する権利の相続税評価額は、当該生命保険の解約返戻金相当額となります。

【問2】
上場株式の相続税評価額は、課税時期の終値と課税時期の前々月までの3ヵ月における各月の毎日の終値の平均額のうち、最も有利な金額となる。
【答2】

○:上場株式の相続税評価額は、4つの選択肢から1番有利な金額とする事ができます。

ホーム

スポンサーリンク




スポンサーリンク




スポンサーリンク



LINEで送る
Pocket

コメントは受け付けていません。