お金の寺子屋

現役のFP資格講師(CFP6科目同時合格者)が運営する、
FP試験の独学者を応援するサイトです。

【FP3級無料講座】都市計画法と建築基準法1

論点解説
【重要度】★★★☆☆
敷地が複数の地域区分にまたがる場合のルールは、混同しないように注意してください。
開発許可制度は、2014年9月試験を最後に出題がありませんから、捨てても構いません(2018年5月試験終了時点)
動画講義
まずは、動画講義をチェックして、最後に下の確認問題を解いて下さい。
目次
都市計画法 0:00~
開発許可制度 1:42~
用途制限 2:49~
防火規制 4:34~
規制の適用のまとめ 5:59~

スポンサーリンク




スポンサーリンク




確認問題

【問1】
市街化調整区域は、すでに市街地を形成している区域及び概ね10年以内に優先的かつ計画的に市街化を図るべき区域である。
【答1】

×:市街化区域の説明です。市街化調整区域は、市街化を抑制すべき区域です。

【問2】
住宅は、工業地域に建てる事はできない。
【答2】

×:住宅は、工業専用地域以外の用途地域であれば、建てる事ができます。

【問3】
土地が複数の用途地域にまたがっている場合、敷地全体に対して、面積が大きい方の用途地域の規制が適用される。
【答3】

○:土地が複数の用途地域にまたがっている場合、敷地全体に対して、面積が大きい方の用途地域の規制が適用されます。

【問4】
敷地が防火地域と準防火地域にまたがっている場合、敷地全体に対して、面積が大きい方の用途地域の規制が適用される。
【答4】

×:敷地が防火地域と準防火地域にまたがっている場合、その面積の割合に関わらず、敷地全体に対して、防火地域の規制が適用されます。

ホーム

スポンサーリンク




スポンサーリンク




スポンサーリンク



LINEで送る
Pocket

コメントは受け付けていません。