お金の寺子屋

現役のFP資格講師(CFP6科目同時合格者)が運営する、
FP試験の独学者を応援するサイトです。

【FP3級無料講座】不動産の基礎と価格

論点解説
【重要度】★★★☆☆
不動産の基本的な用語を押さえて、土地の価格の概要を理解してください。路線価と固定資産税評価額を混同しないようにしてください。
動画講義
まずは、動画講義をチェックして、最後に下の確認問題を解いて下さい。
目次
不動産の類型 0:00~
土地の価格 2:06~
不動産の鑑定手法 5:01~

スポンサーリンク




スポンサーリンク




確認問題

【問1】
土地の固定資産税評価額は、原則として、3年に1度評価替えされる。
【答1】

○:土地の固定資産税評価額は、原則として、3年に1度評価替えされます。

【問2】
路線価は、公示価格のおよそ7割の水準である。
【答2】

×:路線価は、公示価格の約8割です。

【問3】
土地の固定資産税評価額は、公示価格の約7割の水準である。
【答3】

○:土地の固定資産税評価額は、公示価格の約7割です。

【問4】
国土交通省の土地鑑定委員会が公示する公示価格は、毎年1月1日を価格判定の基準日としている。
【答4】

○:公示価格は、毎年1月1日を価格判定の基準日として公表される、売買の目安となる価格です。

ホーム

スポンサーリンク




スポンサーリンク




スポンサーリンク



LINEで送る
Pocket

コメントは受け付けていません。