お金の寺子屋

現役のFP資格講師(CFP6科目同時合格者)が運営する、
FP試験の独学者を応援するサイトです。

【FP3級無料講座】損害保険の種類と内容2

論点解説
【重要度】★★★★★
傷害保険の保険金が支払われる条件をきちんと整理してください。事業リスクに備える保険も、どの保険でどのようなリスクをカバーするのか、概要を押さえてください。
動画講義
まずは、動画講義をチェックして、最後に下の確認問題を解いて下さい。
目次
傷害保険 0:00~
普通傷害保険等 1:37~
交通事故傷害保険等 3:12~
旅行中の傷害保険 4:06~
個人賠償責任保険 5:54~
事業リスクに備える保険 8:03~

スポンサーリンク




スポンサーリンク




確認問題

【問1】
地震を原因とするケガや、熱中症は、普通傷害保険の支払対象外である。
【答1】

○:傷害保険は、偶然かつ急激な外来の事故に備えるものですが、地震・津波・噴火によるケガは免責となっています。また、熱中症は急激な事故ではありませんので補償されません。

【問2】
普通傷害保険では、細菌性食中毒による損害は補償されない。
【答2】

○:普通傷害保険では、細菌性食中毒による損害は補償されません。

【問3】
海外旅行傷害保険は、旅行の行程中であれば、国内で起こった事故も補償の対象となる。
【答3】

○:海外旅行傷害保険は、旅行の行程中であれば、国内で起こった事故も補償の対象となります。

【問4】
食品の製造販売を営む企業が、販売した食品が原因で顧客が食中毒を起こし、法律上の損害賠償を請求されることにより被る損害に備える場合には、受託者賠償責任保険への加入が適している。
【答4】

×:第三者に引き渡した製品や業務の結果が原因で、法律上の損害賠償を請求されることにより被る損害に備える保険は、生産物賠償責任保険(PL保険)です。

ホーム

スポンサーリンク




スポンサーリンク




スポンサーリンク



LINEで送る
Pocket

コメントは受け付けていません。