お金の寺子屋

現役のFP資格講師(CFP6科目同時合格者)が運営する、
FP試験の独学者を応援するサイトです。

【FP3級無料講座】所得税の申告と納付

論点解説
【重要度】★★★★★
給与所得者が所得税の確定申告をしなくてはいけないパターンをきちんと理解してください。
動画講義
まずは、動画講義をチェックして、最後に下の確認問題を解いて下さい。
目次
確定申告 0:00~

スポンサーリンク




スポンサーリンク




確認問題

【問1】
所得税の確定申告の申告期限は、翌年の2月16日から3月15日までである。
【答1】

○:所得税の確定申告の申告期限は、翌年の2月16日から3月15日までです。

【問2】
給与収入が1,000万円を超える給与所得者は、自ら確定申告をしなくてはいけない。
【答2】

×:給与収入が2,000万円を超える給与所得者は、源泉徴収の対象外となる為、自ら確定申告をしなくてはいけない事になっています。

【問3】
給与所得と退職所得以外の所得が20万円を超える給与所得者は、自ら確定申告をしなくてはいけない。
【答3】

○:給与所得と退職所得以外の所得が20万円を超える給与所得者は、自ら確定申告をしなくてはいけない事になっています。

【問4】
給与所得者が住宅ローン控除を受けるためには、毎年確定申告をする必要がある。
【答4】

×:給与所得者が住宅ローン控除を受けるためには、最初の年のみ確定申告をする必要があります。

【問5】
給与所得者が生命保険料控除や医療費控除を受けるためには、自ら確定申告をする必要がある。
【答5】

×:給与所得者は、自ら確定申告をしなくても、生命保険料控除を受ける事ができます。
なお、給与所得者が適用を受けるために確定申告をする必要がある所得控除は、寄付金控除、医療費控除、雑損控除の3つです。

ホーム

スポンサーリンク




スポンサーリンク




スポンサーリンク



LINEで送る
Pocket

コメントは受け付けていません。