お金の寺子屋

現役のFP資格講師(CFP6科目同時合格者)が運営する、
FP試験の独学者を応援するサイトです。

【FP3級無料講座】一時所得と雑所得

論点解説
【重要度】★★★★★
一時所得の計算式と、総所得金額に算入される金額の計算は重要です。また、非課税となるものについても、きちんと理解してください。
動画講義
まずは、動画講義をチェックして、最後に下の確認問題を解いて下さい。
目次
一時所得 0:00~
雑所得 4:05~

スポンサーリンク




スポンサーリンク




確認問題

【問1】
一時所得の金額は、総収入金額から収入を得るために支出した金額を引いたものに2分の1をかけて求める事ができる。
【答1】

×:一時所得=総収入金額-収入を得るために支出した金額-特別控除額です。

【問2】
一時所得の計算上引く事ができる特別控除額の金額は、最高65万円である。
【答2】

×:一時所得の計算上引く事ができる特別控除額の金額は、最高50万円です。

【問3】
一時所得の金額は、その全額が総所得金額に算入される。
【答3】

×:一時所得の金額は、その2分の1が総所得金額に算入されます。

【問4】
遺族基礎年金は、雑所得として所得税の課税対象となる。
【答4】

×:遺族年金や障害年金は非課税です。

【問5】
退職金を年金形式で受け取った場合、雑所得として所得税の課税対象となる。
【答5】

○:退職金を年金形式で受け取った場合、雑所得として所得税の課税対象となります。

ホーム

スポンサーリンク




スポンサーリンク




スポンサーリンク



LINEで送る
Pocket

コメントは受け付けていません。